良多発品の原因を追及して形状最適化で出来るコストダウン事例

不良発生多発の原因を探し出してVA,VEによる形状最適化を図り行えるコストダウン事例

不良率発生源を探りコストダウン

フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話

不良発生は赤字となる事なので不良の原因を探り出す事が大事

コストダウン攻略の道筋

不良多発部品の原因を追及したVA,VE


課題抽出

オリジナル部品の現状把握から入ります。

オリジナル部品の情報
項目 データ
材料 SK4
形状 200W×150D×20H
加工工法 MC加工
加工工程 6F加工→MC加工(穴、ミリング加工)→焼き入れ処理→板厚研削仕上げ→表面処理。
問題点 MC加工後熱処理加工をおこなうがこの時A部に焼き割れが生じる事が多く全ての加工が終了して板厚研削をする時に分かるのでそれまでの加工工程が無しになる事。

不良発生源を探る

「不良を出さない」と言う事は
コストダウンの隠れた手法

本部品で画像の丸印に焼き割れが多発して不良となる事が多い為その原因を検証して対策を模索します。
不良が多発する部品ではその原因の追求が大事。
VA,VE内容: 焼き割れが多発する部位に対しての対応を追求してみる事。
現状の問題点を検証

解決方法

オリジナル部品との比較把握

不良発生&加工性の改善

焼き割れの原因が何処に
あるのかを考えて行きます。

丸印にある角部が鋭角になっている事と左側が他の面と比較して極端に狭い為焼き入れ時の温度変化でひずみが出やすく焼き割れとなることと考えられます。
角部と幅を出来るだけ広く出来る様な改善を模索。
改善出来る内容を模索

課題解説

オリジナル部品の現状把握から入ります。

幅、角部Rの配慮で不良率削減

組込図から部品毎の位置合わせを改めて確認

幅を出来るだけ多くしたい、角部にRは付けられないかと言った点を再確認
実績ユニットでも盲点がある時もあります。
改善出来た事

コストダウン実施の総括

before&afterの検証

焼き割れ不良率の解決

角穴に入る部品の形状再確認で

最小Rを設定出来た事で焼き

割れの頻度は大幅に削減。

加工業者側の製作上の問題点を聞く事も大事

before&afterによるコストダウン手法&事例を3dcad及びパワーポイントで制作してYou Tubeで公開しています。
3dcadによるコストダウン手法&事例をYou Tubeで見る

こちらからご体験ください。
パワーポイントでコストダウン手法&事例をYou Tubeで見る

こちらからご体験ください。



不良品製作は赤字になります。不良品が続く場合にはその原因を探して行くと大きな改善となる事があります。

6種類の要素を元にお客様の求めるコストダウン・品質改善・納期短縮化最適設計を提供します。
製造メーカー様よりの問い合わせをお待ちしております。

3dcadで制作したbefore&afterによるコストダウン手法及び事例をYou Tubeで体験してください。


2dから3D図面への製作


before&afterでコストダウン対策の手法及び事例集を分かり易く掲載しています。
お気軽に問い合わせて下さい。
横ブロック
特殊寸法指示の表示方法

図面を書いている中に於いて特殊な指示をおこなう寸法等の表示方法

図面の書き方

図面を書く上で加工し易くミスを犯さないで済む寸法指示、表示方法

品質過剰部分の改善でコストダウン

不良率を下げる為の寸法変更で考慮すべき大事な点(コストダウン&加工性)

焼き割れ不良削減でコストダウンコストダウン

不良多発部品で図面に問題がある場合の対処方法

類似部品の取り扱い方

類似形状の取り扱い方次第でコストダウンに繋がる事もあればコストアップになる事も?

VA,VEに対する心得

品質・納期・価格改善の為に必要なVA、VE手法満載

有限会社 フナックス・エンジニアリングの会社概要

フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話


Copyright (c) 2018, Funak's Engineering Inc, All rights reserved.
有限会社 フナックス・エンジニアリング 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-2-3  Tel:03-5394-1970 携帯:080-3527-1950


PAGE TOP