各テーマ毎のVA、VE提案によるコストダウンのシミュレーションを紹介しています。

VA,VE手法によるC/D(12)
コストダウン実績集(27)
材料・加工工程改善(8)
加工方法・形状改善(6)
部品削減化・軽量化(7)
その他(5)
コストダウンメディア対応(8)
コストダウンセミナー(7)
コンサルティング事例(11)

加工方法改善コストダウン
MC加工コストダウン改善
MC加工→板金加工コストダウン改善
板金・製缶加工コストダウン改善

業務情報(10)
コストダウンハンドブック
3dcadによるコストダウン解析
VA、VE設計
VA,VEコンサルティング
VA,VEセミナー
2dcad→3dcad図面変換
超精密加工
コストダウンのシュミレーション
コストダウンの豆知識
個客開拓型ホームページ製作

メディア対応コストダウン集
工数ダウン&コストダウン
材料変更でコストダウン
メンテナンス機能のシンプル化
丸パイプ同士止めてコストダウン
板金部品化でコストダウン
ネジ本数削減でコストダウン
製缶と板金の違いでコストダウン
VE提案で新たな受注獲得へ

コストダウンコンサルティング事例
板金部品の一体化でコストダウン
MCブロック加工→板金加工へ
丸パイプ→角パイプで工数削減
高額材料代削減化
MCブロック→板金化
製缶BOX→板金形状へ
製缶溶接→リベット加工
板金複数部品一体化
MCブロック複数部品削減化
MCブロック板金化
2次元図寸法表示最適化

VA、VEコストダウンセミナー
VA、VE紹介セミナー
3dcad導入推薦セミナー
VA、VEによるコストダウンセミナー(個別)
VA、VEによるコストダイン事例セミナー(1)
VA、VEによるコストダウンセミナー(2)
VA、VEによるコストダウン事例セミナー(3)
VA、VEによるコストダウン事例セミナー(4)

コストダウンに対するシミュレーション

コストダウンを推進するにはバランスが命!!
VA、VEによるコストダウンを始める際、一番最初に行う事が各部品の価格構成の検証です。
全部品点数は何千点あってもこれは行わなければならない物です。
何故行わなければならないかと言いますと下記理由に寄ります。
1.その製造メーカーに於ける価格の基準が分かります。
また、反対に不得意分野も分かります。
この内容を持って価値分析の攻略が出来ます。
2.VA、VEを行う以前に価格のバランスが適切であるか否かを判断することが出来ます。
此処で価格のバランスが取れていない部品に対して適正価格を設定することが出来、その後行うVA、VEをスムーズに進めることが出来ます。
VA、VEによるコストダウンを始める際、有効な事の一つが得意、不得意分野の見極めにあります。
自社内に於いては全てバランス良く使われていて問題ないと思われている事に落とし穴が合ったりします。
それを見極めることの一つに下記方法があります。
1.例えば上記形状部品のような類似品の見積もりを取る事により価格差、仕上げ品質により取引先の技術力、発注管理能力等が分かります。
2.社内加工技術力、及び自社で抱えている取引先の技術力の把握、そして機器に要求されている品質に見合った設計をバランス良く行う事でもコストダウンはスムーズに出来る様になります。


VA、VEによるコストダウンを始める際、最も有効にコストダウンが出来るのが加工工数の削減化です。
全部品点数は何千点あってもこれは行わなければならない物です。
部品の削減化への道で簡単なのが下記ステップによる物があります。
1.工数削減を念頭に置いて重切削可能形状を模索する
上記画像がその典型例であり、一体構造で上記部品の問題点は青い部分が重量軽減の為のT字型の溝加工にあります。T字部を重切削が出来ない為、下部画像の様にプレートを二つに分けて加工する事で重切削を可能にする事で工数が格段と下がります。
2.コストダウンの目標値を50%と考えた場合、加工工数を半分に設定すると目標が分かり易くなります。
通常は部品点数を削減させる事がコストダウンの近道ですが、本件では加工工数を削減させる事がコストダウンへの近道と思った訳です。それぞれの部品形状を見極めて考慮する事が大事と思います。

VA、VEによるコストダウンを始める際、最も有効にコストダウンが出来るのが部品点数の削減化です。
全部品点数は何千点あってもこれは行わなければならない物です。
部品の削減化への道で簡単なのが下記ステップによる物があります。
1.工数削減を念頭に置いて複数部品の一体化を図る
上記画像がその典型例であり、箸状の部品は製作にも神経を使い、品質が安定しない為工数が掛かりますが、一体化する事で全体の品質が安定して工数が格段と下がります。
2.コストダウンの目標値を50%と考えた場合、部品点数も半分に設定すると目標が分かり易くなります。
簡単な話、ねじ、ボルトも半分になりそれは組込工数が削減される事を意味します。そう言う意味でも部品点数の削減は複合的なコストダウンを生みます。
コストダウンを図る上で効果が大きい方法に手離れの良さを考慮する事があります。
上記画像で丸パイプを使っている物にはコの字型の部品を溶接をしてオレンジ色の丸パイプとリンクさせています。
この場合、丸パイプの切断とコの字型部品に溶接加工があり、機械加工プラス手作業となります。
コストダウンに大切な事の一つに手作業の削減があります。手作業は品質の安定にも熟練ワザが要求されて、すなわち高くなる可能性があります。
上記画像の下段では丸パイプを角パイプに変更させて同じ仕様にさせています。
角パイプを使用して同形状を形成させる事は機械加工のみで終了させる事が出来るので品質安定が図れ、工数も削減されるので大幅なコストダウンが出来ます。

コストダウンを図る上でよく考えられる事に加工工法の変更があります。
上記画像はその典型ですが、上段ではM/Cで加工されています。基本的な加工ですが、条件としてそれほど強度を要求されていない場合には、下段のような板金加工で同形状にする事で大幅なコストダウンが図れます。
この場合に気を付ける事は板金加工に於いて出来るだけ強度を持たせるようにする為、曲げ加工の応用を旨く活用する事だと思います。
VA、VEを通じて加工工程・加工方法・材料選定に対して最適化設計を おこない、大きなコストダウンをおこなうお手伝いをおこないます。
有限会社 フナックス・エンジニアリング 担当:舩倉満夫
電話:03-5394-1970 携帯:080-3527-1950

材料・加工工程改善

一体加工から重切削加工へ変更で加工工数削減 一体加工から重切削加工へ変更による加工工数削減でコスト改善
軽量化・加工性最適化:SS,SUS材→プラスチック・アルミ化でコストダウン 軽量化・加工性最適化:SS,SUS材→プラスチック・アルミ化でコストダウン
軽量化・加工工程最適化:SS,SUS材→板金化でコストダウン 軽量化・加工工程最適化:SS,SUS材→板金化でコストダウン
仕様に合わせた剛性、形状、最適加工方法選択で加工工数削減 MC加工→板金化(仕様に合わせた剛性、形状、最適加工方法選択)で加工工数削減で大幅なコストダウン
製缶加工→板金化(剛性の必要なユニットも板金曲げ加工の採用で工数削減・精度アップ) 製缶加工→板金化(剛性の必要なユニットも板金曲げ加工の採用で工数削減・精度アップ)
板金加工→板厚薄く曲げ構造により強度増で材料代削減、工数削減でコストダウン 板金加工→板厚薄く曲げ構造により強度増で材料代削減、工数削減でコストダウン
板金加工→段取り削減化(使用材料の統一でコストダウン) 板金加工→段取り削減化(使用材料の統一でコストダウン)
板金加工→一体化でコストダウン(複数部品から1ヶに) 板金加工→一体化でコストダウン(複数部品から1ヶに)

加工方法・形状改善

異形状→標準形状加工へ改善1(加工の安定性を考慮してコストダウン) 異形状→標準形状加工へ改善1(加工の安定性を考慮してコストダウン)
異形状→標準形状加工へ改善2 異形状→標準形状加工へ改善2(不安定な形状から安定して接合出来る形状にする事で加工工数を削減)
板厚統一で段取り時間の削減、強度保持は曲げ加工でコストダウン 材料統一で管理費削減(板金編)
板厚統一で段取り時間の削減、強度保持は曲げ加工でコストダウン
複雑形状からシンプル形状で部品点数削減でコストダウン 板金形状:取付方法改善
複雑形状からシンプル形状で部品点数削減でコストダウン
板金加工形状改善1(ねじ→爪取付) 板金加工形状改善1(ねじ→爪取付)
ネジの数は組込工数に比例で小ロット生産でも複数ヶ使いの場合はチャレンジを!
小ロット生産でも複数ヶ使いではねじ止めより爪タイプが有利 板金加工形状改善2(位置決め、固定)
小ロット生産でも複数ヶ使いではねじ止めより爪タイプが有利

部品削減化・軽量化改善

板金加工一体化でコストダウン(曲げ加工の応用) 板金加工一体化でコストダウン(曲げ加工の応用)
MC加工→板金化でコストダウン(部品点数削減&工数削減化) MC加工→板金化でコストダウン(部品点数削減&工数削減化)
MC加工→板金化でコストダウン MC加工→板金化でコストダウン(板金採用時の強度不足を補う)
MCブロック軽量化方法選択加工でコストダウン MCブロック軽量化方法選択加工でコストダウン(材料&形状改善)
MC加工部品削減でコストダウン MC加工部品削減でコストダウン(ロスト化、鋳物化)
一体化の元祖コストダウン
精密加工から一体化加工で加工工数大幅削減化
板金部品:ねじ削減で組込工数削減 板金部品:ねじ削減で組込工数削減
ネジの削減は大きなコストダウン要因となります。小ロット生産でもチャレンジを!

その他の改善事例

品質過剰改善(公差) 品質過剰改善(公差)
公差解析とも言いますが、品質の最適化を計ってコストダウン。
不良多発部品改善 不良多発部品改善
不良率の高い部品はコストダウン出来ません。
原因究明はコストダウン煮繋がります。
類似品の取り扱い方でコストダウン 類似品の取り扱い方でコストダウン
類似品をグループ別にすることが加工管理に役立ちます。
設計(特殊寸法表示方法改善) 設計(特殊寸法表示方法改善)
図面への理解がスムーズに出来る事もイメージを考えて加工出来るので大切です。
改善の為に必要なVA、VE手法 改善の為に必要なVA、VE手法
品質・納期・価格改善のヒントがあります。
設計{図面寸法・形状表示)改善 設計{図面寸法・形状表示)改善
同じ図面でも見やすい図面、見づらい図面様々ですが、加工しやすい図面作りがコストダウン
Copyright (c) 2017, Funak's Engineering Inc, All rights reserved.
有限会社 フナックス・エンジニアリング 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-2-3  Tel:03-5394-1970 携帯:080-3527-1950

PAGE TOP