1. Homeその他改善>設計{図面寸法・形状表示)改善

品質・納期・価格・改善専門会社


設計{図面寸法・形状表示)改善

図面を書くには「JIS」に則って設計する事が基本となりますが、それはあくまでも基本中の基本であって加工しやすい、ミスを犯さないで済む寸法指示は別にあると考えています。
ある会社では設計時間を短縮させる為に非常に合理的な手法で図面を書いていました。でもそれは書いている本人にはわかる内容であっても第3者(加工者、加指示者、加工手配者)にとっては図面の形状を理解するには非常に時間のかかる物であった事もありました。

一番多い合理的な図面管理法はA3,A4サイズの図面だけで管理する方法です。本来は部品の形状、大きさによってA1,A2サイズの図面で書いた方が寸法、形状を理解しやすいのですが、印刷に於いてはA1,A2様プロッターを用意しなければならない、図面管理でもA1,A2サイズが入る物を用意しなければならないのは余分であると言う考え方からですね。

でも加工者から見ると寸法、形状が非常に見ずらい為に加工に余分な時間がかかってしまうこともあります。
もう一つ、気が付いたことがありました。
それは設計者の設計時間短縮方法として「矢視図面」を多用して行くことです。これだと「3角法」で上、左、右、下より見た図面を書かずに矢視図面は他の図面番号で表示することも可能です。

本来、部品の加工図面は1枚の図面で書き込まれている事が理想です。大きさ、または加工内容の複雑さで2枚に分けなければならない場合には親番号の下に小番号(-1,-2または1/2,2/2)として誰でも図面が続いている事が分かる様に管理する事が良しとしていると思います。

図面番号管理が明確になっていないと加工者として加工完了と思った物が実は矢視図面がまだあってもう一度途中から加工をしなければならないと言う事になりかねないです。余分な仕事です。これはコストアップにも繋がってしまう事です。

  ★関連記事((下記ページにも沢山のコストダウン情報が満載です)
図面表示方法¥品質改善¥類似品管理¥図面寸法指示改善でコストダウン
図面を書いている中に於いて特殊な指示をおこなう寸法等の表示方法
不良率を下げる為の寸法変更で考慮すべき大事な点(コストダウン&加工性)
不良多発部品で図面に問題がある場合の対処方法
類似形状の取り扱い方次第でコストダウンに繋がる事もあればコストアップになる事も?
品質・納期・価格改善の為に必要なVA、VE手法満載

技術問い合わせ
問い合わせ
・問い合わせフォーム
・メールでのお問い合わせ

・加工方法・形状改善コストダウン
・材料・加工工程改善コストダウン
・部品削減化・軽量化改善コストダウン
・その他改善コストダウン
・VA、VEセミナー開催実績集
・VA、VEコンサルティング実績集


業務メニュー
3dcadによるコストダウン解析
VAVE設計
VAVEコンサルティング
VAVEセミナー開催
2次元図から3次元図へ変換
ホームページ制作
超精密切削加工
コストダウンシミュレーション
VAVEブログ

メニュー
業務案内 デジタルコストダウンハンドブック  3dcadによるコストダウン解析  VA、VE設計  VA、VEコンサルティング  VA、VEセミナー 
3次元(3dcad)データ制作  顧客開拓型ホームページ制作
当社:VA、VE手法紹介
┗改善例実績集
 超精密機械加工  コストダウンのシミュレーション  QCD改善例実績集
コストダウンのうんちく話し集 コストダウンの豆知識  
VA、VEの攻略法
コミュニケーションコーナー お問い合わせコーナー  会社概要  管理人のメッセージ更新記録  
マイブログ VA、VEブログ  IT情報ブログ  マラソンブログ  元気もんブログ  介護を楽しむブログ
リンク集 千葉ビジネス夢ネット  (株)安藤精密  ライニングサービス(株)  @IT MONOist

TOPへ戻る
こちらをクリックして頂くとアットワイエムシー社でのドメインを取得するサイトへ行きます。

Copyright (c) 2014, Funak's Engineering Inc, All rights reserved.
有限会社 フナックス・エンジニアリング 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-2-3  Tel:03-5394-1970 携帯:080-3527-1950